Child-Lifesのミッション

 現在の日本では多くの救命講習が開催されています。消防の普通救命、日赤の救急法、医療職種で多いアメリカ心臓協会の各種心肺蘇生講習会などがそれにあたります。

 それら講習会の中で成人に対する応急救護、心肺蘇生法は数多くの講習会が開催されています。その講習会を通じて、多くの受講生から子どもに関する心肺蘇生法、応急手当の方法や講習会を開いてほしいとお話がありました。現在の日本では残念ながら、ほとんど子どもに関しての講習会が開かれていないのが現状です。しかし、受講生の言葉にのように子どもへの事故の予防や応急手当、心肺蘇生法へのニーズは非常に高く切望されています。

 私たちは、子どもに接する一人のおとなとして、子どもの未来を守ることが必要です。そのために、安全に子どもが生活出来ることのできる環境づくり、そして子どもの事故や病気の悪化を予防する事を防ぐ、そんな講習会、情報の発信をチャイルドライフェス横浜はしていきたいと考えています。


研修依頼 活動実績

 AHA講習やMFA講習を含め多くの病院、企業、保育所、団体に弊会の講習をご活用頂いております。掲載許可を頂いた団体様のみの記載となりますが、病院関係では1000床級の大病院での定期研修の実績もございます。

・認定NPO法人フローレンス

・コンビプラザ橋本保育園

・わかたけかなえ保育園

・一般社団法人マタニティフィットネス協会

重症心身障がい児通園施設  FLAP YARD

 他

・東京、神奈川を中心に全国各地の総合病院でのPALS、PEARS、BLS開催

・保健所主催での保育士対象の心肺蘇生法・応急手当研修 

・保育所や施設、学校での心肺蘇生法や応急手当講習