チャイルド-ライフェス横浜(チャイルド-ライフサポート横浜)は、こども・あかちゃんの緊急対応(家~医療現場まで)について、市民、医療者対象に講習会を行っています。国内では数少ない子ども専門の応急手当てから病院内研修を提供する団体です。

 

弊会が取材を受けました看護roo!さんの

急変時に使えるアセスメント技術「PEARS」

詳しく見たい人は、リンク先よりご覧くださいっ!

PEARSコースのポイントがギュっと詰まっている素敵な漫画です。

https://www.kango-roo.com/sn/a/view/5113


PEARSプロバイダーコース

 お申し込みはこちらから https://www.child-lifes.com/aha-pears/

・神奈川:7/23・7/30・8/1・8/17・8/27・9/5・9/7・9/20

・島根:8/8・8/10

・大阪:8/3

基礎からフィジカルアセスメントを学習したい!!

じっくりと基礎の基礎から、アセスメントを見直してみませんか?

講習内容は小児中心ですが、アセスメント技法は成人にも応用可能です。

 

PALSプロバイダーコース

 お申し込みはこちらから  https://www.child-lifes.com/aha-pals-1/

 

・神奈川:7/24-25 ・8/31-9/1 ・10/23-24

・仙台:7/6-7  ・新大阪:8/4-5 ・福岡 11/20-21

 心停止前の数時間前には何らかの異変が起きている!

 心停止を防ぐための呼吸器系やショックの評価、介入をメインとした急変対応フルコース。

 講習内容は小児中心ですが、成人にも転用可能です。

 

ACLSプロバイダーコース

 お申し込みはこちらから  https://www.child-lifes.com/aha-acls

 

・【2日】神奈川:8/13-14 ・8/25-26 

・【1日】神奈川:9/4  ・9/14 ・9/17

心停止直前の不整脈対応から心停止後のチーム蘇生、自己心拍再開後の初期対応

に焦点を当てた成人の心血管系の2次救命講習です。

 

BLSプロバイダーコース

 お申し込みはこちらから  https://www.child-lifes.com/aha-bls/

 

・神奈川: 7/27 ・7/29 ・8/24 ・9/22 ・9/28


MFA-チャイルドケアプラス

 お申し込みはこちらから https://www.child-lifes.com/mfa-childcareplus/

 

・神奈川 ・7/31 ・8/15 ・8/29 ・9/12  ・9/26

 

小児と乳児の心肺蘇生法とAED、応急手当

1日で地域や施設での救護の全てを学習する地域対応フルコース。

MFA-エマージェンシーケア・ファーストエイド

 お申し込みはこちらから   https://www.child-lifes.com/mfa-ecfa/

 

・オンライン講習 ・8/28 ・9/23

 

*使用する教材はMFAチャイルドケアプラスと同等のものです。

 オンラインで応急手当の知識を学習していきます。

 ご希望に応じて対面講習も可能です。

MFA-幼児教育保育関連トピックス

 お申し込みはこちらから https://www.child-lifes.com/nurseryschool/

 

 *オンライン講習 ご希望の方はご相談ください

子どもに接する入門知識を学習していきます。

保育関連となっていますが、主に、子どもに初めて接するような方を対象とした基礎講習となります。保育所や福祉施設系などの新人さんにお勧めです。


最新講習日程

開催ありの日程でも、状況により依頼講習に応じることが可能です。ぜひ、一度、ご相談ください。


フェイスブックで情報を発信しています!


当会のアメリカ心臓協会(AHA)プログラムは、AHAと国際トレーニングセンター契約をしている日本医療教授システム学会(JSISH)が提供しています。


メディック・ファーストエイド® 講習会開催!

MFAはメディックファーストエイド®の略称です。

 MFAは救急医療の先進国、アメリカで30年以上も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の医学的、そして教育学的情報を盛り込んでアップデートを続けています。

 ビデオ教材とスキル練習のサンドイッチ方式で「見る、聞く、実行する、話す、感じる」という独特の成人教育手法を組み込んだ系統立てたアプローチ法を採用し、伝統的に膨大な時間をかけて別々に教えられていた救急法や蘇生法の両方を1つのコースに組み込んで、短時間で効果的に訓練できるように致しました。

 教える内容も、ただ単に手当のテクニックを練習させるだけではありません。救助前の安全確認や感染予防から手当後の心のケアまで、傷病者だけではなく救助者の安全や心理的な側面までカバーしています。

また、筆記試験を排除したストレスの低い学習環境を提供し、肯定的な指導方法で「積極的な救助者」を養成しています。

できるだけリアルなシーンを提供するビデオは、受講者が実際の救急現場のケガや血液などに対する心の準備を整え、実際の救護の現場でも、受講者の実力が十分発揮できるように考えられています。

(MEDIC FIRST AID®JAPANのウェブサイトより引用 http://www.mfa-japan.com/index.shtml


Child-Lifes横浜はPAERS‐サポータズクラブとパートナーシップを組み活動しています