新型コロナウィルスに関する対応(2020年4月2日)

  弊会では新型コロナウィルスに伴う講習会の中止は予定しておりません。受講希望者の中には、いまだからこそ、しっかりとした技術やスキル、対応方法を身に付けたいと問い合わせをしてこられるかたもいらっしゃいます。そのような受講生の思い、熱意を受け止める受け皿としても講習は規模を縮小しつつ継続する予定です。

 そのため、受講希望者がいる限りは講習会を開催する方向で調整しております。幸いにも、弊会では小人数制での開催がベースのため、ほぼ全ての講習が6人以内での開催となっています。受講生の人数も少なく接触の機会が大規模セミナーよりもかなり抑えられると考えています。しかし、最も優先されるのは、受講生の皆様の身の安全です。今回の新型コロナウィルスでは多くの方が軽症であり、知らぬうちに感染源となっていることも想定されます。そして、講習会がクラスター発生の場となってはならないと考えています。そのため、弊会では、提携している修了証発行団体であるアメリカ心臓協会(AHA)やメディック・ファーストエイド(MFA)のトレーニングに関する声明、基準に従って、開催における感染予防策を徹底して行なっていきます

 

<受講生へのお願い;参加条件>

1)熱や咳、息切れ等の症状がある、周囲(家族内など)で同様の症状のかたがいらっしゃる等、濃厚接触が疑われる場合、参加を見合わせていただきます。

2)1)の状況があった場合、症状が消失してのち、14日を経過した時点で講習に参加可能となります。もし、14日以内の場合、参加を見合わせていただきます。

3)講習にはマスク持参の上、着用をお願い致します。講師もマスクを着用する点、ご了承ください。

 どうしてもマスクが手に入らない方は事前にご相談ください。

 *無症状者に感染予防のためのマスク着用は必要なし(WHO)としていますが、米疾病対策センター(CDC)ではマスク着用を検討するなど(4月1日CNN:https://www.cnn.co.jp/usa/35151701.html)、日々、状況が変化しています。また、使用する会場の多くが、使用条件にマスクの着用を必須としているためです。

4)講習の開始前、後に手洗いを20秒以上行って頂きます。また、昼食を挟む講習の場合は食事前後の手洗い、休憩中に外出された場合は、外出前後で手洗いを実施ください。

手洗いのタイミング)トイレ前後、食事前後、顔や鼻を触った前後、くしゃみの後など、こまめに実施ください。

5)講師が1)の状況となる場合も想定されます。その場合、講習を主催者判断で中止させていただく点、ご了承ください。

 

<講習の環境について>

1)全講習にて、手洗いや個人防護具(使い捨て手袋等)の正しい方法のオリエンテーションを実施します。

2)講習中、休憩中などに窓やドアを開けるなどし換気を行います。

3)速乾式手指消毒剤を設置します。

4)衛生管理について

 ・講習毎にマネキンの肺交換、マネキンの洗浄、消毒を実施

 ・一方向弁付きのフェイスマスクを使った人工呼吸の実施

 ・2人法CPRの実施時、バックバルブマスク使用時に使い捨て手袋の着用やマネキンの消毒の実施

  *講習中も必要に応じて、マネキンやバックバルブマスクのアルコール消毒を実施します。

 ・会場内では受講生間の間隔を、可能なかぎり2m程度離れるよう机、シミュレーションブースを配置

 ・シミュレーション実施の際、使い捨て手袋などの着用

 ・マネキンと受講生比率を1対1に設定(AHA・MFA講習共に1対1で開催いたします)

*市民対象の講習

 ・人工呼吸でのフィルターのみのフェイスシールドの使用を中止し、一方向弁付きのフェイスシールドを使用します。

 ・マネキンへの口対口人工呼吸は原則、実施しません。

  *希望がある場合、事前にご相談ください。

 

<講習中止となる場合>

・使用する会場側からの使用中止要請などがあった場合(自粛要請の場合、状況に応じて判断)

・東京都、神奈川県等の自治体から中止の要請があった場合

・弊会と提携するAHA-日本医療医教授システム学会国際トレーニングセンターやMFA-JAPANより開催について中止要請等があった場合

*講習開催日の前日に開催中止が決定する場合もございます。ご了承ください。

 遠方からの受講生がいる場合、可能な限り早めの判断を実施します。

 

<キャンセルポリシーについて(4月2日以降の申込みへ適用)>

・新型コロナウィルス関連のキャンセルの場合、原則、事務手数料1000円を差し引いての返金とさせていただきます。

*4月2日以前に申し込まれた方

・キャンセル希望の場合、ご相談ください。キャンセル料金の減免、減額を実施いたします。

・引き続き受講を希望される場合、今後、開催される講習への振替受講を実施します。

  

2020年4月2日

Child-Lifes事務局

 


提供セミナー:

AHA(アメリカ心臓協会)認定BLSプロバイダーコース

AHA認定 ハートセイバーAEDコース

AHA認定 PEARSプロバイダーコース

AHA認定 PALSプロバイダーコース

AHA認定 Family&Friends-CPRコース

AHA認定 Family&Friends-Fast Aid for Childen

MFA認定 チャイルドケアプラス

保育園対象:エピペンや応急手当研修

養護教諭、小学校、中学校対象の応急手当て研修

子どもや赤ちゃんに関する応急手当て、急変対応に関する研修など

子どもの安全、予防に関する情報の発信