BLSヘルスケアプロバイダー


次回-開催日程・申し込み→BLS申し込みフォーム

 

現在、公募での開催は実施しておりません。

依頼(出張)講習での開催は受けてけています。ご希望のかたはお問い合わせよりご連絡ください。

 


BLSヘルスケアプロバイダー

(Basic Life Support Health Care Provider:1次救命処置)

成人・小児・乳児に対する1次救命処置(心肺蘇生法・AED・窒息の介助法)を学習します。対象は主に医療従事者ですが、一般市民の方の受講も可能です。講習はAHAガイドライン2010の最新のエビデンスに則っています。全医療従事者に受講をお勧めします。

 

[定価]3,675円

(本体価格:3,500円)

コース受講用PINコード付き、BLS ヘルスケアプロバイダークイックリファレンス付き

[ISBN]978-4-916166-41-8

[著者] American Heart Association

 

現在、最新のG2015BLSプロバイダーマニュアルが発売されています。

 

<テキスト販売先>

 

 *受講に際しては、AHAの規約により

  各受講生がテキストを購入し持参することが必要になります。

  必ず事前にテキストを購入し事前学習の上、講習会にご参加ください。

 

<受講対象者>

 どなたでも受講できます。医療資格の有無は問いません。

 

<受講料金>

 16000円

 

<プロバイダーカード>

 コース修了者(実技、筆記試験合格者)には、

 有効期限2年間のプロバイダーカードを発行致します。

 発行には約1ヵ月のお時間を頂いております。

 学会提出等で早めに受け取りを希望される方はご相談ください。

<BLSピンバッチ>

 

BLSヘルスケアプロバイダー修了生には、BLSピンバッチを進呈しています。

(写真はAHA純正のものですが、在庫状況によってはJSISHオリジナルとなります)


当会のBLSヘルスケアプロバイダーコースの特徴

 

 少人数制

  ・インストラクター1名につき受講生4名迄を原則とし、受講生の習熟度、

   ニーズに合わせた講習を行っています。

 受講生とマネキン比率が1:1

  ・AHAコースを開催している多くの団体が、受講生マネキン比率が1:2や1:3の中、

   当会では受講生1名につき、マネキン1体を準備しています。

   そのため、効率的な学習が可能で順番待ちの時間もありません。

   講習中に自分の専用マネキンとなるため、習熟度も高くなります。

 ポケットマスク無料レンタル

  ・ポケットマスクの無料レンタルをおこなっています。

 復習・見学参加を無料で

  ・資格有効期限内の2年間であれば、当会主催のBLS-HCPコースが無料で見学

   復習参加が可能です。復習参加は、マネキンに余りがある場合、

   受講生と同じようにマネキンを使って練習が行えます。


コースプログラム(13:00開始の場合)BLS-HCP G2010
(受講生の人数によって若干時間が変更になります) 

 

13:00 受付

13:10 コース概要説明

13:15 成人への1人法CPR:ポケットマスク

14:10 休憩

14:20 バックバルブマスク(BVM)使用方法と2人法CPR,AEDの使い方

15:10 休憩

15:20 小児のBLS(胸骨圧迫)

15:30 乳児の1、2人法CPR

16:00 成人、小児、乳児の窒息の対処法

16:15 休憩

16:30 コースサマリー

16:40 実技試験・筆記試験

18:00 コース修了

 

 *講習は床に置いたマネキンへの胸骨圧迫(心臓マッサージ)が中心になります。

  動きやすい服装でお越しください。

  女性の方は、胸元の開いた服、ブーツ、ハイヒール、スカート等は

  ご遠慮ください。


プロバイダーカード発行団体(提携トレーニングセンター)

 

日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター(JSISH-ITC)