MEDIC FIRST AID®チャイルドケアプラス


MEDIC FIRST AID®

MFAはメディックファーストエイド®の略称です。

 

MFAは救急医療の先進国、アメリカで30年以上も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の医学的、そして教育学的情報を盛り込んでアップデートを続けています。

 

ビデオ教材とスキル練習のサンドイッチ方式で「見る、聞く、実行する、話す、感じる」という独特の成人教育手法を組み込んだ系統立てたアプローチ法を採用し、伝統的に膨大な時間をかけて別々に教えられていた救急法や蘇生法の両方を1つのコースに組み込んで、短時間で効果的に訓練できるように致しました。

 

教える内容も、ただ単に手当のテクニックを練習させるだけではありません。救助前の安全確認や感染予防から手当後の心のケアまで、傷病者だけではなく救助者の安全や心理的な側面までカバーしています。

また、筆記試験を排除したストレスの低い学習環境を提供し、肯定的な指導方法で「積極的な救助者」を養成しています。

 

できるだけリアルなシーンを提供するビデオは、受講者が実際の救急現場のケガや血液などに対する心の準備を整え、実際の救護の現場でも、受講者の実力が十分発揮できるように考えられています。

 

(MEDIC FIRST AID®JAPANのウェブサイトより引用 http://www.mfa-japan.com/index.shtml

 

 

 


チャイルドライフェス横浜主催/MEDIC FIRST AID®コース


チャイルドケアプラス

小児・乳児・成人のCPR・AEDと応急手当コース

 

小児・乳児・成人の心肺蘇生法とAED使用、応急手当を習得します。

 

親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチ、児童施設職員、遊園地スタッフ、商業施設スタッフなど、子どもに接する機会のある市民を対象としたコースです。

 


保育関連トピックス

 

このプログラムは緊急時の対応ではなく、緊急事態が発生しないようにするための予防や安全性の確保を目的にしています。

小児や乳児に関する予防に関する話題をインストラクターのリードで話合い、先進国の例を参考に受講者諸氏の保育環境の見直しや改善のきっかけとなってくれることを目標にディスカッション形式で相互学習を目的としたプログラムです。

 

親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチ、児童施設職員、遊園地スタッフ、商業施設スタッフなど、子どもに接する機会のある市民を対象としたコースです。

 


エマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)

小児・乳児・成人の応急手当コース

 

小児・乳児・成人の応急手当を習得します。

チャイルドケアプラスのコースより心肺蘇生法・AEDを除いた応急手当て講習のみのコースとなります。

後日、ケアプラスCPR/AEDコースの受講でチャイルドケアプラスの認定修了証カードの発行が可能です。

 

「他の救急法指導団体で心肺蘇生法とAEDはやったけど、応急手当はやってない」

「応急手当だけを効率的に学習したい」

「MFAの応急手当コースを受講してみたい」

 

などの方にお勧めです。

 

親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチ、児童施設職員、遊園地スタッフ、商業施設スタッフなど、職業上、子どもに接する機会のある市民を対象としたコースです。

 

 


ケアプラスCPR/AED(乳児・小児・成人)

小児・乳児・成人のCPR/AEDコース

 

 

*現在、本コースは開催しておりません。

 

小児・乳児・成人の心肺蘇生法とAED使用を習得します。

チャイルドケアプラスのコースより応急手当を除いた心肺蘇生法・AEDのみのコースとなります。

 

 

 

受講生の希望に応じ、成人のみ、乳児と小児のみ、全年齢の3パターンでの開催が可能です。

 

「心肺蘇生法やAEDの使用方法をしりたい」

「職場の救急対応の第一歩として学習したい」

「国際的な心肺蘇生法研修を受けたい」

といった方にお勧めです。

 

親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチ、児童施設職員、遊園地スタッフ、商業施設スタッフなど、職業上、子どもに接する機会のある市民を対象としたコースです。

 


  • MEDIC FIRST AIDの名称とMEDIC FIRST AIDのロゴマークはMEDIC FIRST AID International, Inc.の登録商標です。